FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前でも…死ぬことがあるんだな…

漫画家の、和田慎二さんが亡くなったそうです。
母が昔からのファンで、単行本をいくつか持っていました。ボクもそれを読んでいて、好きな漫画家さんの一人でした。
優しいお話と、怖い話のギャップが大きかったですが、そのどちらもハッピーエンドで終わらせてくれる、素晴らしい漫画家さんでした。
心からご冥福をお祈りします(挨拶)。

さて。最近ISの単行本を読み始めたのですよ。アニメとは違い、一夏君やヒロイン達のモノローグや、語られなかった部分も詳しくが書かれているので、先の展開はアニメで見て大体分かるのですが大変面白いです。
むしろ、あの描写はこういうことだったのか。という補完や、キャラ心情が分かることでの見方の違いが出てきているのでアニメを見たお陰で余計に楽しめているかもしれません。
……ですが、その途中で信じられない描写がありました。
ISの操縦において、武器を展開する時には頭でイメージするらしいのですが、そのときに一夏君が
『イメージが難しかった。だってそうだろう?手の中に剣が現れるイメージなんて、どこの日常生活でするんだよ。』
と地の分で言っていました。
……いや、普通するでしょ?手の中から剣が現れるイメージ。
こう、何も無い空間を掴んでそこから引き抜くイメージとか、手のひらの先に光(エネルギー)が集まって収束して刀が形作られるイメージとか、腕の中に剣が存在していてそれが少しずつ手のひらから出てくるイメージとか。
ちょっと違うところだと、両手を合わせて離すことで左手から柄が出てきてそれを引っ張るイメージとか、左手を刀に見立てて手首を掴み抜き放つイメージとか、胸を押さえてそこから刀を解き放つイメージとか、地面から大量の剣を生やすイメージとか、空中に大量の刀を生み出して浮遊させるイメージとか。
これくらいのイメージは常日頃からするものだよね?むしろ、それ以上のイメージを常日頃からするものだよね?
月に数回、数分間かけて本気でイメージしながら刀を引き抜く動作をする。くらいまでなら、普通するものだよね?
……うーむ。常識だと思っていたことだけれど、もしかして普通の人はこういうイメージをしないものなのか?一夏君がいうのならそうかもしれない……そうだとしても、ボクはこのイメージを続けるけどね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。