FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾星霜に語り継がれる、響きは深く 心を射抜く

雨の日に傘をパくるのはマジでやめろ。
私はスクーター通学で、駐車場から後者までだから、スクーターの中に合羽があってまだなんとかなるけど、普通だったら雨で濡れて帰ることになるぞ。
っていうか、やっぱり私でもよくねえよ。てめえが傘持ってこなかったのが全部悪いんだろうが。
ああ、思い出したらまた腹立ってきた。地獄に落ちればいいのに(挨拶)。

さて、今回の挨拶の最後の一言に10分くらい悩みました。
最初は「死ねばいいのに」にしようと思ったんですけどさすがに死ねは言い過ぎかな。って自重したんですよ。
最近は、なんかそういう言葉の規制も怖いですしね。何より私が知らないところで勝手に死んでも私は嬉しくないですし。
次は「呪われればいいのに」にしようと思ったんですが、呪われるって普通あり得ないですからね。自分から呪うならともかく。
なので呪われればいい、なんて他力本願をするくらいなら自分から呪うべきだろうなと思ったのでやめました。相手が分からないので呪いようもありませんけど。
次は「苦しめばいいのに」にしようと思ったんですけど、ただ苦しむだけだと甘い気がするんですよ。私が雨に打たれて割と辛かったので最低でもそれ以上じゃないと、なのでこれも没。
最終的に死んでから散々苦しめばいいや、ってことで「地獄に落ちればいいのに」になりました。
どうせ生きてる間に罰が起きても改心なんてしないだろうから、せめて死んでから償えばいいんだ。まぁ、地獄があるのかどうかが最大の問題ですが。
天国はなくてもいいから、地獄はあるといいなー。生きている間に散々好きにした人たちが阿鼻叫喚に苦しめばいいのに。まぁ、あったら確実に私も地獄に行きそうですけど、それもまた仕方ないことでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。