FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またそうやって自分だけの時間に逃げるつもり?

自分は実践よりも調練が好きなんだな。って最近艦これをしていて思うようになりました。
響ちゃんも99になり、時雨君と大井っちも改二に改造出来て、主力艦達も大体を70近くにできて。
次はその育てた子たちで海域を攻略していく時!……なのだろうけど、育成の目標がもうすぐ達成できるっていう今の時点でモチベががくっと落ちた。
うん、誰を育てようか。って考えて実際に育てている最中が一番楽しいね。それで、実際にそれが達成されそうになるとなんかもうどうでもよくなる。
艦これに限らず他のゲームでもよくある現象ですね……うーん、攻略して無い海域はまだまだあるのに、初風ちゃんのレベルが50オーバーくらいしたら真面目に艦これやる意欲がなくなるかもしれない。
なんか、それまでにモチベーションが上がるようなアップデートがあるといいなー。
ケッコンカリシステムとかが実装されて響ちゃんを今以上に育てられるようになれば上がるかな?(挨拶)

さて、挨拶で本題を語りきってしまった気がするけれど。今日また兄弟でまどマギの劇場版を見に行きました。
……うん、二回見てよかった。見方が変わったところとか、一回目だと理解できなかったことが色々分かったりした。
以下、ちょっとしたネタばれ注意。
特に一周目だとよく意味が分からなかった、夜の花畑でまどかが折角結んだ片側のミツアミをほむほむがほどく場面。なんでわざわざ片方だけ結んだりほどいたりしたんだろう?って思ったけれど、あれは最後のチャンスだったんだな。
まどかが片側をミツアミにする=強がったりする前の元のメガほむに戻る機会であり、まどかに救われる最後のチャンス。
でも、そのミツアミをほむほむがほどく=救いを拒絶して、あくまでもまどかのために行動するという決意を固める。
一周目だと、折角まどかが編んでくれたのをわざわざほどくだなんて、まどかを否定するのか?でも、ほむらがそんなことするはずはないと思うけれど……
って謎だったけれど、うん、あの場面で確実にほむほむはまどかとの決別を決めたんだな。
そうやって分かってから見ると、ほどけた髪がうねるのもなんか悪魔化の前兆に見えて素敵に不気味だった。
他にも色々とこういう風に細かい演出意図が分かって、二周目もとても面白かったです。
二周するのは普通にお勧め。時間が少し経って、DVD発売したころにもう一回借りて見てみたいなー。そうしたら多分また違った発見がある気がするから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。