スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だけど今日も上々に文句なんか言いあって日常を踊る

FGO、今週の水曜日から復刻クリスマスイベントですね。
……まだ11月の半ばなのにクリスマスって早すぎじゃね!?
いや、復刻だしこんなものか?まぁ、どちらにしろボックスガチャは楽しみです(挨拶)

さて、前回の日記から珍しいことにそんなに日が経っていませんが、今回日記を書いた理由は第12次ダンゲロスハルマゲドン に参加したからですね。
今回は生徒会陣営で参加させていただきました。
結果は残念ながら負けてしまいましたが……って、あれ。ダンゲロス復帰してから3戦目だけど3戦全敗じゃないか私?
い、いかん。次こそはなんとか勝利に貢献しなければ。でも、イラストは描けないし、SS書く時間はないし、作戦考える頭はないし……勝利に貢献できる要素がないぞ私!?
きょ、強キャラ考えて、スタメンに選ばれることで貢献しよう。そうしよう。

しかし、kiriのことを意外と皆さん覚えていてくれたんですね。私が知らない新規さんさえも知っていてくれるとは……妹ダンゲロス、なんて業が深いんだ。
でも、マイクが復活したらまたいつかあんな企画をやってみたい気もするから不思議である……きっと、気の迷いだろうけれど。

以下、今回の自キャラ雑感。

■名前 中々 二
■性別   男性
■学年 2年生
■所持武器  黒歴史ノート
■ステータス
攻撃力:0/防御力:10/体力:11/精神力:2/FS(黒歴史ノート):7 
■特殊能力『中二の原石』
能力タイプ:カウンター
能力内容:自身が相手によって殺された時DPを1獲得する
<計算式>
効果:DP1獲得 110
対象:ルール 1.0
時間:一瞬 1.0

消費制約 永続行動不能 40

カウンター条件:敵に自分が殺される 0.4
カウンター対象:ルール 1.0
待受範囲:同マス 1.0
待受時間:2ターン 1.0
待受回数:1回 1.0
タイミング:後手 1.0
発動率:98% 成功率:100%
■能力原理
その身に秘めた高次の中二力が、中々の死によって解放され、中二力の結晶(DP)が生まれる。
■キャラクター説明
中々 二(なかなか いちつぎ)
ただの普通の中二病患者であり、まだ魔人能力には目覚めていない。
しかし、高度な中二病患者だけあり、その名の通り中々の中二力をその身に秘めている。
そのため、きっかけさえあればすぐにでも魔人に目覚めるだろうと言われており、目覚めずに死んだ場合でも、そのあふれる中二力は世界に影響を及ぼすだろうと目されている。
一人称は「我」で二人称は「貴殿」。
右目が赤で左目が黒のオッドアイだが右目は眼帯で隠している。
なお、オッドアイではなく実際はただのカラコンである。
------
今回のキャラコンセプトは、倒されても相手の有利にはならないめんどくさい壁。ですね。DP一点を争う勝負になれば出番もあるかなー。と思ったけれど、さすがに作戦会議の段階ではそこまで接戦になるという予測にならず、あえなくスタメン落ち……。
初期案ですと、DP2獲得して倒すと相手が不利になる厄介極まりない壁の予定だったのですが、カウンター能力作るの初めてだったのもあって、カウンター倍率についての仕様を完全に把握しておらず没になりました。残念。
キャラ能力を先に考えたため、設定については割と適当ですね。よくある中二キャラといった感じの設定になりました。
折角今回のハルマゲドンで死ななかったので、初期案に近い形でどうにかリメイクして使ってあげたいところ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。